アカルボースを含むグルコバイが治療薬

多色な薬

グルコバイは、糖尿病の症状を改善する治療薬です。
血糖値を下げる薬にはいくつかの種類がありますが、グルコバイはそのなかでもα-グルコシターゼ阻害剤と呼ばれるものになります。
食後の急激な血糖値の上昇を抑えられるため、糖尿病によって起きる様々な症状を改善することができます。

糖尿病が発症する場合には、いくつかのメカニズムがあり、人によって発症するメカニズムが異なっています。
グルコバイは、そのなかでもインスリンが不足する糖尿病の治療に効果がある薬です。
グルコバイの有効成分はアカルボースと呼ばれるもので、これは四糖という炭水化物のひとつになります。

人が炭水化物や糖類を含む食事をした場合、小腸からα-グルコシターゼと呼ばれる酵素が分泌されて、炭水化物や糖類をぶとう糖に変換します。
そのことによって、血液中の糖分が上昇することになります。
グルコバイは、このα-グルコシターゼの働きを妨げることによって、食事をした後の血糖値の上昇を抑制します。

血液中の糖分は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンによって代謝されます。
アカルボースは血液中の糖分が急激に増えることを防いでくれるため、インスリンの消費量を抑えて膵臓にかかる負担も減らすことができます。

グルコバイを糖尿病の治療薬として使う場合、通常は1日3回アカルボースとして100ミリグラムのものを食事前に飲むようにします。
年齢や症状によっては、服用する量が増減されることもあります。
飲み忘れていた場合には、食事の直後に飲んでも問題はありません。
ただし、時間が空きすぎてしまうと十分な効果が得られないので注意してください。

グルコバイの副作用としては、低血糖の症状が出ることがあります。
とくに、他の血糖降下薬と併用している場合には血糖値が下がり過ぎないように注意する必要があります。
万一血糖値が下がり過ぎてしまった場合には、単糖を含むジュースなどを飲めば低血糖の症状を防ぐことができます。
そのほかの副作用としては、腹部膨満や軟便などの胃腸症状が出る場合があります。

通販で購入が可能

グルコバイは病院で処方してもらえるほか、インターネット通販を利用して購入することもできます。
ただし、グルコバイには市販薬は存在していないので、通販で購入する場合には、個人輸入のサイトを利用する形になります。
個人輸入でグルコバイを入手するさいには処方箋が必要ないため、誰でもこの薬を購入することができます。

個人輸入というのは、普通のインターネット通販とよく似ていますが、医薬品の輸入を代行してくれる会社を通じて海外から個人で薬を輸入するという方法になります。
利用方法は、一般的なインターネット通販のサイトとほとんど同じです。
ほしい商品をクリックしてカートに入れれば、決済手続きに進むことができます。
支払い方法としては、銀行振り込みやクレジットカード払いなどを選べます。

個人輸入のサイトでは、アガルボースを含む製品としてグルコバイやレボースなどが販売されています。
このうちレボースというのは、グルコバイのジェネリック医薬品になります。
ジェネリック医薬品の効果や効能・有効成分の含有量などは先発薬と同じです。
有効成分のアガルボースの含有量としては、グルコバイとレボースともに25ミリグラム配合のものと50ミリグラム配合のものが販売されています。

グルコバイやレボースの販売価格は、個人輸入を取り扱っているサイトによって違います。
しかし、医薬品にはおおよその相場があり、ジェネリック医薬品であるレボースは先発薬であるグルコバイよりも安価で購入することができます。
個人輸入サイトから医薬品を購入した場合、注文してから自宅に届くまでにかかる期間は、薬の生産国によって違います。
だいたいの目安としては、1週間から数週間程度で配達されると思っておけば良いでしょう。